マタニティマークどこでもらえる

マタニティマークどこでもらえる

マタニティマークはどこでもらえるか気になりますよね!

 

マタニティマークどこでもらえるの?まとめてみた。

 

マタニティマークは主にこの3つの場所で無料でもらえます

 

・首都圏の駅窓口
・自治体や各区保健福祉センター
・たまごクラブなどの雑誌

 

 

首都圏の駅事務室の窓口

 

首都圏にお住まいの妊婦さんでしたら、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県内の全駅(無人駅を除く)、熱海駅、伊東駅の駅事務室の鉄道会社の窓口で配られています。

 

平成20年10月1日の情報ですが

 

小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道、西武鉄道、東京急行電鉄、東京地下鉄、東京都交通局、東武鉄道、東日本旅客鉄道、江ノ島電鉄、埼玉高速鉄道、東葉高速鉄道、箱根登山鉄道、北総鉄道、新京成電鉄、横浜市交通局、横浜高速鉄道、横浜新都市交通の窓口でもらえます。

 

厚生労働省のサイトをみても、大阪などの関西圏では特に情報が書かれていませんが、口コミなどをみると大阪駅だと貰えたといった書き込みが見られました。

 

関西圏にお住まい方は事前にお近くの駅窓口に問い合わせて見るとよいでしょう。

 

 

自治体や区役所

 

母子手帳は妊娠第10週ごろにもらえますが、同時にマタニティマークも一緒にもらえます。場所によってはキーホルダータイプではなくてシールだけだったという方もいます。

 

 

雑誌の付録でついてくる

マタニティマークどこでもらえるの?まとめてみた。

 

駅でももらえない、自治体や区役所でももらえない時はどうすればいいでしょうか。

 

そんな時は「初めてのたまごクラブ(初タマ)」を買うとついてきます。「初タマ」は、妊娠したら最初に読むベネッセの「たまごクラブ」シリーズの1冊です。

 

初たまは、マタニティマークが貰えるだけではなくて、妊娠中の流れや妊娠初期に集中した情報や母体の変化が紹介されているので分からないことがあれば心強いガイドブックとして活躍すること間違いありません。

 

 

 

【関連記事】妊娠初期にやっておかないと後悔すること

 

人気度が高い記事

一度出来たら消えない?!

葉酸不足が深刻な問題に…

マタニティマークどこでもらえるの?まとめてみた。
⇒ 正しい妊娠線のケア方法はコチラ

マタニティマークどこでもらえるの?まとめてみた。
⇒ 妊婦の葉酸不足が深刻な原因に…