双子育児 家事疲れに必需品や便利グッズ、あるあるなどをご紹介!

私なりの双子育児を育てた過程を書かせていただきます。

私は、出産後に病院を退院してから自分の実家にお世話になりました。
約3ヶ月間は、母の力を借りていたので家事の悩みはなく、
とにかく双子のお世話にだけ集中していました。

 

双子が生後4ヶ月を迎えた頃に実家をでて主人と双子との親子4人の生活になり、ここからが大変でした。

 

私は家事・育児は何としてでも一人又は主人とだけで頑張る!と決めていました。

 

私達の両親がすぐ近くにいましたが、双子の妊娠が分かった時、
一人では絶対に無理なんだからと主人の両親に同居を持ちかけられていて、それはどうしても嫌でした。

 

だから、「出来ない」は許されなかったのです。「ほら!無理でしょ?」と言われたり思われたりしてはいけなかったので、
義父母に会う時や子供に接するときは楽しそうに振る舞うことを心がけていました。

 

その分、主人には疲れやストレスに任せて当たってしまい喧嘩も多々ありました。
でも、やっぱり大変な中でも誰にも気を使わず、自由に生活出来ることは何にも変えがたい幸せでした。

 

双子育児 家事疲れに必需品や便利グッズ、あるあるなどをご紹介!記事一覧

新生活が始まって1~2ヶ月の間(双子4~5ヶ月頃)現在(双子1歳半過ぎ)は保育園に行っているので、朝と私が仕事を終えてお迎えに行くまでの時間に一人で黙々と作れるようになり、だいぶだいぶ楽になりました。保育園の存在はとってもありがたいですね☆そんな私の双子育児の奮闘日記です。双子育児の食事について→ イマここ → 双子育児の食事【双子ちゃん4~5ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん6~7ヶ月】→ 双...

双子育児の食事について→ イマここ → 双子育児の食事【双子ちゃん4~5ヶ月】→ イマここ → 双子育児の食事【双子ちゃん6~7ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん7~8ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん9ヶ月~12ヶ月(1歳)】新生活を開始して3~4ヶ月の頃(双子6~7ヶ月頃)は、双子が寝返りやずり這いができるようになって、おもちゃで遊べるようになってきました。子供向け番組を流していると、私の...

双子育児の食事について→ 双子育児の食事【双子ちゃん4~5ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん6~7ヶ月】→ イマここ → 双子育児の食事【双子ちゃん7~8ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん9ヶ月~12ヶ月(1歳)】新生活5~6ヶ月(双子7~8ヶ月)頃には離乳食が始まりました。最初の1ヶ月位は1回食で日中に食べさせていましたが、2ヶ月目には2回食(午前・午後各1回)と増えていき必然的に食事作りを...

双子育児の食事について→ 双子育児の食事【双子ちゃん4~5ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん6~7ヶ月】→ 双子育児の食事【双子ちゃん7~8ヶ月】→ イマここ → 双子育児の食事【双子ちゃん9ヶ月~12ヶ月(1歳)】新生活7~12ヶ月(双子9ヶ月~1歳)頃は、ハイハイ、掴まり立ちが盛んになり双子の動きが大きくなってきて目が離せなくなってきました。この双子、一人一人がかなりのパワー持ち~~2だった...

掃除は、双子が生後半年くらいまでは掃除機の音が心配でローラータイプの粘着テープを転がすのみでした。でも、7ヶ月を超えたある日意を決してかけてみたら、その音に驚きもせず、喜んで掃除機を追いかけ回すではないですか??それ以来、毎朝かけていましたが、最近掃除機の排気が良くないことを知り、現在は双子がいない時間帯にかけています。洗濯は、生後半年くらいまで双子の分は洗剤を別にして洗っていました。着替え量も多...

双子育児での混合授乳はとにかく大変ですが、やってやれないことはありません。私の場合、混合授乳のきっかけは双子が早産のために小さく産まれてきた事でした。特に、長男は産後すぐに血糖値異常がありNICUに入院となりました。通常であれば、産後は母子同室で、泣いたらすぐに母親のおっぱいをもらえるのですが、離れ離れで治療を受けなければならないため、私は搾乳をして母乳をNICUに届けていたのです。次男は次男で、...

直接おっぱいを与えられない長男への申し訳なさも重なって気持ちは完全に折れかかっていました。そのタイミングで、授乳中に出血のトラブルが発生し、様子を見かねた小児科医師から、「ミルクの力も借りて、まずは赤ちゃんを大きくしよう。体力がつけば吸う力もついて母乳育児ができるから。」と提案がありました。授乳の時間が辛いと思っていたところでの言葉だったので、ホッと救われた気がしました。ただし、「母乳量を落とさな...

双子が、生後5ヶ月を過ぎた頃からさまざまな情報に振り回されて、私はプチ「母乳信者」でした。母乳育児のメリットを探してはミルクを否定的に思い、何が何でも完全母乳を目指そうと必死な時期でした。母乳量を増やすために搾乳を頑張り、食事に気をつけ、月に一度助産師の元におっぱいマッサージに通いました。それが功を奏してか、一度は完全母乳になりました。でも、実はそれは自分に負担がかかっていただけではなく子供達にも...

我が家の双子はほぼ夜中が無く対策法を知らないのですが、二人同時に寝かせる事にはかなり悪戦苦闘したので、そちらの方面を書きます。《双子のねんね事情》私が双子育児の中で泣く程辛かったのは、お昼寝をさせる事でした。産まれてから2?3ヶ月頃までは、実母と協力して育児をしていたので、「泣いたら抱っこ」の当たり前の事が出来ていました。抱っこされて安心すると眠りにつき、新生児の頃はそのまま下ろしても泣かずに眠り...

☆お昼寝の流れ☆1 朝寝は無し2 午前中たっぷり遊ぶ3 たっぷり昼食を取る4 授乳5 そのままネンネ(長くて2時間程度で起こす)☆夜の流れ☆1 午後遊びをたっぷりと2 夕飯をたっぷりとる3 お風呂4 絵本タイム5 授乳タイム6 布団にゴロゴロしながら自分でネンネ⇒ネントレを始めて1年後(双子1歳半頃)

昼寝も夜も流れは変わらず、授乳が無くなったのでそこがカットされただけです。ネンネについては、今までの子育ての中で本当に苦労しましたが、現在は寝かし付けはお父さんが行い(ただ一緒にゴロゴロと横になるだけ)、夜泣きも無く、朝5時に私達親よりも早く起きています。保育園・幼稚園、小学校に行くようになると「早寝・早起き・朝ごはん」が推奨されるようになってきます。ある程度、昼夜の区別がついてきた時期にネンネト...

双子育児に関して一番悩んだことはズバリ《不安・ストレス》です。私は、妊娠が分かってから1ヶ月が過ぎるまで「双子」だという事がわかりませんでした。その1ヶ月間はきっと通常の妊婦さんのようにウキウキした気分で過ごしていたのだと思います。待ちに待った妊娠だっので…妊娠4ヶ月に初めて妊婦健診を受ける頃にはつわりが始まり、辛さが増してきた頃でした。私の母も姉もそれなりに体調を崩したと聞いていたので、自分の状...

辛いつわりの時期を乗り越えて、やってくる胎動が始まる時期。この時期になると赤ちゃんとの距離が一気に縮んだような感じがしました。双子の胎動は、一言で言うと激しいです。我が子達の場合はお腹の中で左右に入ってたので、左右の脇腹を同時に蹴られる事がありました。また、ある程度大きくなって、足が上を向く状態になった頃には、胃袋を連続で蹴られ、食べ物が出そうになり、痛いけど笑うしかありませんでした。蹴りどころに...

私にとってかけがえのない「双子育児の相棒」を3つ紹介します。《ベビーサークル・ベビーゲート》これは、私達親と共に双子の命を守り、私の家事を手助けしてくれた正に育児の相棒です。我が家の双子は、生後5ヶ月頃に寝返り生後7ヶ月後半でつかまり立ち、ズリバイを始めました。それまで、コロンコロンと転がる程度でしたが、這うようになると子供の興味関心・行動範囲は一気に広がります!これは子供の当たり前な成長で喜ばし...

私が使用したグッズについては「使ってみてこうだった、こんな風に助けらた。」と言う体験談です。「双子育児にコレは絶対あった方がいい」というものかどうかは、どのグッズも、私には良かったけれど他の方にはどうかは分からないですし、どれも代用がきくものなので、世の中のお母さんは、もっと手際が良く賢く節約上手な方はお金をかけずに工夫しているのかもしれません。お恥ずかしいながら、私の育児は割とお金をかけて便利な...